妊婦さんの妊娠から出産までの流れ

初めての妊娠、初めての出産では分からない事や不安な事が多く、日々慌ただしく変化している身体に上手く対応する事が出来ない事もあるかもしれません。

しかし妊娠し、出産をしようと決めたわけですから、元気な赤ちゃんを産むために苦しい日々も乗り越えましょう。

妊娠からの流れ

妊娠1ヶ月目はほとんど異変が見られません。
もちろん微熱や頭痛、眠気やだるさなど小さな変化はあります。

しかし疲れているのかな、風邪をひいたみたいだと体調不良の原因が妊娠だとは思い当たらない人が多いのです。

そのため実際に妊娠に気が付くのは生理が遅れていると判断される2ヶ月目~3ヶ月目という人が多いでしょう。

そのまま妊娠初期はとにかくつわりなどの症状で辛いと感じる事も多いかもしれません。

またお酒やたばこ、ヒールの高い靴をはかないなど日常生活の中で習慣となっている行為を止めるのも大変ですが、心や体の変化を柔軟に受け入れていきましょう。

安定期から出産までの流れ

5ヶ月目とちょうど出産までの折り返し地点に入る事になると身体は安定期に入ります。

食欲が出てきて、この時期には出産までを乗り越えるために体力をつけておきたい時期でもあります。

マタニティスポーツとして水泳やヨガなど胎教にいいスポーツを日常生活の中に取り入れてみてはどうでしょうか?
またこの頃からお腹の中では赤ちゃんが活発に動くようになり胎動を感じられるようになります。

すでに耳も聞こえているので赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみましょう。

そして妊娠後期にはお腹も大きく、いよいよ出産までの日々も残りわずかとなってきます。

いつ生まれてもおかしくない時期になったら何事もはやめに準備にとりかかりましょう。

準備をしていなかったら動揺して慌ててしまいますよね。

いつ出産しても大丈夫なように出産の準備をしておきましょう。

陣痛や出産は痛みを伴いますが呼吸法やマッサージで少し緩和する事が可能です。